知性の老化に対抗する食べ物 栄養と脳の機能 - ネオセルプラス|脳への必須栄養素ト

知性の老化に対抗する食べ物 栄養と脳の機能

人間の脳の機能には、
特定の栄養素や他の重要な化学物質が
必要不可欠です。
ビタミンB(特にビタミンB12)、健康な脂肪、
ミネラルなどの栄養素の深刻な不足は、
神経、または神経線維の合併症による、
認知機能障害を引き起こす可能性があります。

言い換えると、日常生活の活動で、
単純なものから複雑な情報を使う能力もまた、
食事や栄養素で良くなったり悪くなったりします。

食事に細心の注意を払うことで、
老化する脳を、
記憶や認知に関与する神経細胞のシグナルの問題から守ります。
この情報は現在、
定年退職に直面している8000万人の団塊世代の
将来に影響を与えるでしょう。
彼らの独立性、生活の質、
さらに経済的状況は、
主に脳のシグナルを整理する能力によって決まるでしょう。

栄養–脳生理学の研究では、
脳の画像を撮影したり、
実際に個々の脳細胞を数えたりするような
新しい技術が使われています。
運動能力や認知能力、
またはその欠如を測る行動試験もまた非常に重要です。
私たちは、
進化する栄養と脳機能の科学の最前線にいます。
私は、患者のために、
脳専門の栄養プロトコルを強化するために
脳スキャンを使います。
脳スキャンは、脳のどの領域が活動していないか、
もしくは機能不全かを示します。

食生活と栄養の脳への影響と、
一生を通じての脳の機能における影響は、
理解するべき重要なことの一つです。
たとえなぜ効果があるか気にしないとしても、
少なくともあなたは脳のプロトコルに従うべきです。
「あなたが私を元気にしてくれるまで、
自分の何が悪かったのかさえ分からなかった」
という患者からのコメントが、
私は大好きです。
多くの場合、その違いは明白であり、
人生を一変させることもあります。

神経の機能を高める

脳の数十億のニューロンは、
神経回路にシグナルを送る神経伝達化学物質を介して
コミュニケーションをとります。
これらの化学物質にはノルエピネフリン、
セロトニン、ドーパミンなどの脳の化学物質があり、
コミュニケーションの鍵となります。
これらの化学物質は、
ストレス、質の悪い食生活や
ネガティブな生活習慣でバランスが崩れます。
もし悪い習慣を長く続けたら、
あなたの脳は縮み始め、構造が変化し始めるでしょう。
望まなくても、
人々は毎日の習慣でダメージを受けています。

人は通常、
一生を通じて脳細胞を失っていきますが、
神経細胞が死ぬプロセスは
老化によるものではありません。
思考能力の欠如は、
細胞のコミュニケーションの失敗に関するものと、
修復能力と適切に機能する能力がないことです。
このコミュニケーションは、
鍵となる脳の栄養素次第です。

私たちは常に
特定の食用の植物の化合物の有益な効果を見て、
それらが脳の機能にどう影響するか研究しています。
植物性食物に含まれるビタミンやミネラルは、
保護作用を持つ抗酸化物質です。
果物、野菜、ナッツ、種や穀物から発見された、
何千もの有益なフィトケミカルもまた、
脳や体の機能全体に大きく貢献します。

抗酸化力の強さは、
「ORAC(活性酸素吸収能力)」と呼ばれています。
アメリカでは、
現在ORACスコアがいくつかの飲食品の
パッケージに表示されており、
食品を選ぶのに役立っています。

抗酸化物質の力を測定するのに
最適な場所の一つが、神経細胞の接続箇所です。

 

脳は治すことができる

質の悪い食生活と、
老化した脳の特定の領域の認知障害の背後にある
メカニズムとの関係はよく知られています。

私たちは、
脳を含む中枢神経系は
それ自体再生能力がないという
間違った信念が誤りであるということを
証明してきました。
私たちの新しいテクノロジーが、
脳は新しいニューロンを作らないという
概念に異議を唱えたのです。
「神経再生」と呼ばれる概念です。
脳のための適切な食事が、回復神経学の中心です。

同じようなORAC値を持つ、
イチゴ抽出物やほうれん草抽出物の
ビタミンCやビタミンEのような
抗酸化物質を摂取すると、
抗酸化物質が少ない食生活の患者で見られる、
老化による認知能力の喪失が止まりました。
また、高齢患者の機能の喪失の回復も起こりました。

患者たちは、
加齢に伴う神経および
認知機能の損失を回復させたのです。
さらに、バランス能力や筋肉の協調性も改善しました。
彼らは神経筋肉の機能試験で、
卓越したスタミナを見せました。

また、患者たちのドーパミンの量が増加しました。
ドーパミンは脳内で多くの機能を持っており、
特に、脳が運動をコントロールするところに影響を与えます。

組み合わされた抗酸化物質の抗酸化力は、
高齢者の脳内の炎症物質を減らします。
炎症は加齢に伴うニューロン不足、
および行動不足の一因になります。

 

ハードニュース:脳のプラーク

アルツハイマー病の患者の脳では、
老人斑と呼ばれる異常な凝集体がみられ、
その中にはタンパク質のフラグメントである
アミロイドβ(ベータ)の量が増えるという
遺伝子の突然変異が起こります。

アルツハイマー病の正確な原因は複雑ですが、
一つのメカニズムは、
脳のアミロイドタンパク質の
不十分な分解とリサイクルです。
そのメカニズムは遺伝的でありかつ生理学的です。
個人個人、通常無害なアミロイドプロテインが、
アミロイドβのフラグメントに変わり、
細胞のリサイクルに届けられ、
脳の中のプラークとして蓄積します。
その作用は、細胞死と神経伝達の弱体化につながります。

たとえ、この遺伝子変異を持っていたとしても、
ブルーベリーなどの抗酸化力に溢れた食物で
いっぱいの食生活だったら、
遺伝子は発現したり活性化したりしないでしょう。

アミロイドβによるプラークは、
アルツハイマー病の一側面に過ぎません。
しかし、比較的単純な食事の変化が
長期的な結果を変えることができるという事実は
驚くべきことです。

脳内には、
「キナーゼ」と呼ばれるタイプの酵素があります。
特に、ERKやPKCは、
短期記憶を長期記憶に変換するなどの、
認知機能を調節する重要な酵素です。
これらのキナーゼ分子は、
学習な記憶のシグナル経路に関わっています。
ブルーベリーに含まれるフィトケミカルは、
プラークが多い脳内で増加したキナーゼ活性を活性化させ、
特定の脳の受容体のシグナルを増やします。

 

 神経可塑性
(外界の刺激などによって常に機能的、
構造的な変化を起こす性質)

老化した脳の、生理学的に変わる能力や、
神経可塑性は、何を食べ、どう考え、
どう行動するかによってコントロールされます。
脳の組織は、細胞分裂と分化に加えて、
年齢に応じて他の多くの変化を受けます。

例えば、新生児は環境から情報を吸収しながら、
数十億の神経細胞を発芽させます。
しかし、寿命を通して
低レベルのシナプスの成長が波のように続きます。
ほとんど使われないシナプスは削除され、
ある種のシナプスは神経の剪定過程で強化されます。

修復メカニズムは、
ミクログリアと呼ばれる神経免疫細胞が関与しています。
この細胞は、
化学物質量を安全に調節する酵素を出したり、
炎症に反応して遺伝子を発現させたりして、
傷ついた脳の組織を守り癒そうとします。

老化した脳の、
栄養と記憶を制御する
海馬領域の生理学を理解することは重要です。
脳の中心に位置するこの領域は、
短期記憶に必要不可欠です。
データを受信し、加工して、
その後必要に応じて、保存スペースに送る働きをします。

神経細胞が新しく生まれる神経新生は、
新しい記憶の形成でも重要な役割を果たします。
新しいニューロンを産生する海馬の能力は、
脳の変性によって大きく減少すると考えられています。
しかし、ベリー類は、
脳の海馬の歯状の脳回領域の神経新生を増加させます。
この歯状の脳回領域は
脳の神経新生が起こる少ない領域の一つです。

In this mix of fruit, the ORAC score of blueberries is highest, followed by (in order) the scores of black plum, blackberries, raspberries, strawberries, sweet cherries, avocado, navel orange, and red grapes: Click here for full photo caption.

ベリー類を食べると、
神経細胞の増殖の変化が起こります。
脳の栄養素を完璧にすることで、
神経前駆細胞が増殖し、
空間記憶能力が向上します。


Graph: ORAC Units (micromole TE/gram)

果物の活性酸素吸収能力(ORAC)値は種類で異なります。
このグラフでは、
ブルーベリーのORAC値が一番高く、
ついで黒プラム、ブラックベリー、ラズベリー、
いちご、アボカド、ネーブルオレンジ、
そして赤ブドウの順になります。