素晴らしいアボカドの効果 - ネオセルプラス|脳への必須栄養素ト

素晴らしいアボカドの効果

栄養豊富で「森のバター」とも呼ばれるアボカドは善玉コレステロールを増加させ、一般的に炎症を減らすことにより、心臓の健康を上昇させる働きがあります。加えて、アボカドには多くのビタミンやミネラルが含まれています。
アボカドは、インカとアステカの両方で何世紀も栽培され、食べられてきました。
 
今日では、数百種類のアボカドの品種があり、色や大きさは品種によって異なり、手触りもごつごつしたものから滑らかなものまで様々です。アメリカでは、カリフォルニア、フロリダ、ハワイ、テキサスでアボカドは作られており、味もそれぞれ違います。
 
Sources of Calcium
 
健康への利点
 
アボカドは脳を活性化する食品としても注目を浴びていますが、他にも健康へのメリットが沢山あります。ここでは、アボカドの栄養素の一部を詳しく見ていきましょう。
健康によい脂肪:アボカドは体によい脂肪分が多く含まれています。他の脂肪と異なり、このタイプの脂肪は善玉のHDLコレステロールを上げて、トリグリセリドを下げてくれます。
食物繊維:アボカドは繊維質がとても多く、特に可溶性の食物繊維を含んでいます。食物繊維は定期的に体内の糖の使用を調節したり、血中のコレステロールを下げるのを助けてくれます。
 
ビタミン:アボカドはビタミンA、C、E、K、及び葉酸のようなビタミンB群などの多くのビタミンを含んでいます。
 
ミネラル:アボカドはバナナより多くカリウムを含んでいます。カリウムは、神経の情報伝達、筋肉の収縮、及び心臓の機能にとても重要です。アボカドは、マグネシウムを多く含んでいます。マグネシウムはあなたの体が炭水化物や脂肪を代謝するのに必要なミネラルです。加えて、ミネラル豊富な土壌で育ったアボカドは、微量ミネラルも豊富に含まれています。カルシウム、銅、亜鉛、マンガン、鉄、他多数。
 
また、アボカドは良いタンパク源で9種のアミノ酸が発見されています。
 
他、アボカドに含まれるもの:
 
ルテイン、カロテノイドの一種。白内障や黄紋変性症などの眼疾患から保護すると考えられています。
 
βシトステロール(植物ステロール)。現在、心臓血管疾患および眼のリスクを低減する能力について研究されています。
 
アボカドはバランスのとれた食事の一部として食べるのがいいでしょう。
 
<アボカドの選び方、保存法、食べ方>
 
選び方:硬くて重くて傷のないものを選びましょう。
 
調理:まず触ったときに少しやわらかい弾力があるか確認してください。硬い場合は、室温で2〜3日おくと熟してきますが、早く熟させたい場合は、袋に入れるといいでしょう。食べる前にしっかり洗いましょう。
 
アボカドをカットするには、種の周りに縦にスライスし、真ん中の種に沿ってくるっと一周刃を入れます。それから、両側を手で持ち、くるっとひねると綺麗に半分に割れます。スプーンで種を取り出し、包丁(または指)で皮を剥きます。そのままスプーンで実をかき出しながら食べることができます。
保存法:切ったアボカドは茶色に変色するので、レモンの絞り汁に浸すといいでしょう。すぐに食べないときは、ラップするか、プラスチック容器に入れて冷蔵庫で3〜4日保存可能です。茶色に変色した部分は取り除きましょう。
食べ方:アボカドは単にアボカドディップを作るだけのものではありません(たいていの人はディップが大好きだとは思いますが)。アボカドはバターやクリームチーズ(パン、トースト、ベーグル、イングリッシュマフィンに)や、他に一般的に用いられる成分(サワークリームなど)の健康な代用品になります。また、巻き寿司にしたり、スープ、サラダ、おかずにもいいでしょう。
 

ネオセル」の詳細はこちらからどうぞ。www.newbraincell.com