ココナッツオイルに含まれる、脳機能を高めるMCT - ネオセルプラス|脳への必須栄養素ト

ココナッツオイルに含まれる、脳機能を高めるMCT

今回は、ギブソン医師の患者や過去の多くの研究で、
ココナッツオイルについての
すばらしい結果を出した研究を紹介します。
ココナッツオイルに含まれる
主要な脂肪酸の中鎖脂肪酸(MCT)は、
アルツハイマー病のような重症の記憶障害を患っている
高齢者の認識能力を高めます。
それも、数ヶ月や数日の治療ではなく、
テーブルスプーン3杯(45ml)を1回服用した後です!

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸(MCT)を食べると、
記憶障害を持っている高齢者の認識機能が素早く改善します。
これは、アルツハイマー病や認知症のような
変性状態を予防、改善するための、
ギブソン医師の脳のプロトコルの一部です。

この研究は、現在、すばらしい結果とともに
多くのクリニックで繰り返されています。

Coconut Oil

アルツハイマー病や軽度認知障害の患者に、
別々の日に、ココナッツオイル、
またはプラセボが与えられました。
ココナッツオイルを食べてわずか90分後に、
ケトン体であるβヒドロキシ酪酸の血漿中の
著しい増加が見られました。
アポリポタンパクE遺伝子型に応じて
、βヒドロキシ酪酸の量は、
上昇し続けるか、または、
90〜120分の採血で一定量を保っていました。
意外なことに、認識力テストから、
研究グループでの、このMCTの短時間の処理が、
認知機能を評価するためのテストのADAS-cog(アルツハイマー病評価尺度)の
4科目の改善を促進させたことが明らかになりました。
さらに、プラセボと比較して、
すべての被験者全体でMCT処方後のケトン量が
高ければ高いほど、パラグラフ想起能力の改善が
大きいという関連がありました。

この研究は、5回の訪問形式の、
二重盲検法(ダブルブラインドテスト)で行われました。
各訪問で、被験者は、ランダムに選ばれた注文で、
ココナッツオイルのMCT、
またはプラセボの長鎖脂肪酸を受け取ります。
いずれも、カロリーは同じです(690カロリー)。
MCT (45 ml)は150 mlのヘビークリーム(乳脂肪分が36%~40%のクリーム)と
ブレンドされ、乳化してテストサンプルを作ります。
ヘビークリーム単体(235 ml)はプラセボとして、ブレンドされます。

被験者は、試験前日の午後8時から一晩絶食してもらいます。
朝、到着したら、採血して
血漿中のβヒドロキシ酪酸の量を調べます。
また初回のみ、アポリポタンパクEの遺伝子型を調べます。
その後被験者は、試験用の飲み物を飲み、
90分間静かに休息をとります。
90分後、採血と30分間の認知試験を行います。
試験後に、最後の採血が行われます。

どのように中鎖脂肪酸が働くのか

ココナッツオイル1回の処方が、
アルツハイマー病のような重篤な認知障害を
患っている人たちの認知機能を、
どのようにほぼ即時に改善させるのでしょうか?
あるメカニズムが、
脳の特異的な代謝に必要なものと、
MCTそれ自体の構造から見出されました。
エネルギー不足の脳の最初の燃料源はグルコースです。
インスリン抵抗性や代謝低下が
脳内で起こっているときは、
脳の機能と構造が妥協します。
ケトン体がかなり必要とされる
グルコースの代替燃料源として供給され、
脳内の代謝プロセスを再び元気にします。
その結果、認知機能のほぼ即時の改善が起こるのです。


これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら




サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-5915-0345
メールpost@questgrp.jp