現代の疫病:慢性的なストレス - ネオセルプラス|脳への必須栄養素ト

現代の疫病:慢性的なストレス

ストレスというと、何を連想しますか?

 

おそらく、仕事や時間に追われる毎日のこと、
家族やお金の問題を思い浮かべる方が多いと思います。
こうしたことは、感情的なストレスを生み出すものですが、
それを心配し不安に感じると、
鼓動が少し早くなったり、
胸が締め付けられるような感じがするかもしれません。
これをストレス反応といいます。

 

こうしたストレスは、仕事がより忙しくなり、
職場での競争が激しくなるにつれ、
強まっていきます。
子どもたちも勉強に習い事にと、
成長するにつれ忙しさが増しています。
大人も子どもも、
社会から求められる能力はますます高まっているのです。

 

誰もが、こうした感情的なストレスについては
感じていると思いますが、
それ以外にも毎日多くのストレスがかかっています。
現代社会では、環境からのストレスにも
対処していかなければなりません。
このストレスの原因とは何でしょう。

 

電車や飛行機、車やバスに乗るとき、
私たちの体はそのスピードに順応しなければならず、
さらに回りの騒音に耐え、
また周りにいる人々や他の車などからの危険といった、
さまざまなストレスにさらされます。
私たちの先祖は、こうした現代的な問題に
対処する必要はありませんでしたが、
私たちの体は、新しい技術に適応する
文明のように早くは進化していません。

 

このように、私たちは毎日様々な
ストレスにさらされています。
また、大気汚染や加工食品の添加物などの
環境からも多くの毒素にさらされます。
こうした化学物質の全てが
私たちの体にはストレスになるので、
体はできる限り速く取り除こうとします。

 

そして、私たちは現代のテクノロジーを
全て生活に採り入れてきました。
脳は、日が昇るとともに起き、
暗くなると眠りますが、
現代は、コンピューターや、
ipadなどのタブレット端末、
テレビゲームなどで、
昼夜問わず刺激を受けています。
脳が休息し、
回復のための時間をとらなければならないときにも、
私たちは起きて脳を酷使し続けているのです。

Stress Man

私たちの体は、
ストレスに対処するようにできています。
ストレスも適度な量であればよいものであり、
ストレスによって、
私たちは行動し、学び、成長します。
しかし、ストレスが大きくなりすぎると害になり、
攻撃・
逃避反応(ストレスのかかる事態に対する交感神経の反応)を引き起こし、
体はアドレナリンやコルチゾールのような
ストレスホルモンを作り出します。
その際、私たちは重要なビタミン・ミネラルを
使い果たしてしまいます。

 

脳は、ストレスに対処するための
エネルギーを蓄えていますが、
もしその蓄えが、
ホテルにあるような小さな歯磨き粉のチューブ程度の量だったら、
一絞りで脳のパワーはなくなってしまいます。
脳に十分なパワーの蓄えがなければ、
環境からの毒素や精神的、
感情的なストレス、または転倒や事故などの怪我といった
原因にかかわらず、
小さな問題が一度起こっただけで障害を受けてしまいます

 

残念なことに、現代の環境では、
十分な蓄えをしておくことは難しいのです。
なぜなら、私たちは一般的にストレスに対処する
ビタミンBなど、常に必要なビタミン、ミネラルが
枯渇しているのです。
長年、栄養素が不足した状態が続くと、
体は疲弊し、脳は霧がかかったような状態になり、
イライラしはじめます。
そして、更に悪いことに、
体の慢性症状にまで発展していきます。
こうなると、現代に生きる私たちに必須な
ストレスに対応するための栄養素さえ
使ってしまうことになります。

 

現代社会では、
感情的、精神的または物理的なストレスに対応するために、
体が必要とする栄養素を毎日、
量も十分に摂ることが非常に重要です。
脳では、次に挙げる栄養素が常に必要であり、
通常慢性的に不足しています。

 

慢性的なストレスに対処するのに必要な栄養素:

 

オメガ3脂肪酸
ビタミンB群
GABA
L-タウリン
マグネシウム
カルシウム

 

これらの栄養素は、
ほとんどネオパックに含まれています。
良質のマルチビタミン、ミネラルは
健康の基本であり、脳の健康も改善します。
これらの全ての栄養素と、慢性的なストレスに対処し、
脳の健康を改善してくれるカギとなる栄養素が、
ネオセル(脳細胞のためのサプリメント)には、含まれています。
慢性的なストレスに対処するには、
ネオパックネオセルを毎日摂取しましょう。