「断食」は脳を強化する力強いツール - ネオセルプラス|脳への必須栄養素ト

「断食」は脳を強化する力強いツール

断食が健康を改善するための
強力なツールであることを
多くの人が理解しています。
消化器官の改善、体重の減少、筋肉の強化、
自己免疫疾患の解消など、
幅広い健康上の利点があります。
私の研究では脳の機能と神経変性疾患を、
断食によってどのように改善できるかに焦点を当てています。

研究結果は明らかです。
断食は、神経変性疾患を防ぐのに役立ちます。
実際、断食による脳単独へのポジティブな利点だけでも、
あなたの注目に値するものです。
運動が筋肉を刺激するように、
断食は脳細胞を刺激するのです。
断食によって、
あなたの脳は神経変性疾患に対してより強く、
より耐久性が増すようになります。
断食は、
あなたの神経接続の改善、
集中力の向上する働きをします。

しかし、断食が好転反応が伴うかもしれないことに
注意してください。
好転反応は、いつも喜ばしいものではないですが、
重要な解毒が起こっているというサインです。
注意持続時間、集中力を改善するために、
断食の生活スタイルを続け、
適応していきましょう。

1日3食おやつ付きという食事パターンは、
ほとんどの大人にとって、
最も健康的な食事とは言えません。
最近の研究から以下のことがわかっています。
もし、人々が断続的な断食と運動を定期的に行い、
とても健康ならば、
医薬品の使用は67%以上減ります。
また、ジョン・ホプキンスの研究では、
1週間に2回断食をすると、
パーキンソン病とアルツハイマー病の両方の発症のリスクが
明らかに低下することを示しています。

食事の変化がどのように脳に影響を与えるかの素晴らしい例が、
てんかん発作に苦しむ子ども達です。
断食が炎症を減らし、
てんかんの脳がしばしば呈する
過度に興奮するシグナルを打ち消すのを助ける
保護対策を始動させます。
正常な脳でさえ、食べ過ぎると、
別の種類の制御できない興奮を経験し、
その結果、脳の機能を傷つけます。
言い換えると、あなたの体が燃焼する以上に物を食べると、
脳に軽いダメージを与えます。
古いことわざにある「腹八分目」とは健康的な習慣です。

基本的に、カロリー制限の研究を見ると、
それらの多くは、慢性病と闘う能力が増加するのと同時に、
寿命が伸びるということが示されています。
この事象が起きるメカニズムには
以下のことが含まれています

✅細胞への炎症ダメージを減らす
✅テロメアとDNAを保護する
✅エピジェネティクスと健康な遺伝子発現を改善する
✅重金属の解毒を改善する
✅免疫機能を改善する
✅ホルモンのシグナルを改善する

以上のことから、
私たちがライフスタイルに断食を適切に取り入れると、
人間が病気になる主な理由の全てが減るか、
やめさせるということを主張しています。
脳内では、断食が有益な神経科学変化を起こすことがわかります。
これには、学習や脳細胞の修復を調節するような
神経栄養因子の増加を含みます。
また、ストレス耐性をあげ、
鬱改善に役立ち、知的な明晰さを向上させます。

断食は、あなたの脳に挑んできます。
するとあなたの脳は、
重圧と病気への反応を強化するストレス反応経路に
適応させることで応えます。
断食によって脳内で起こる同じ変化は、
定期的な運動で起こる変化によく似ています。
これらは、神経栄養因子の産生を増加させます。
神経栄養因子は、神経細胞の成長、神経細胞間の結合、
およびシナプスの強度を促進します。
脳は、神経細胞のエネルギー源である
ケトン体を使うようになります。
また、断食は、脳のより持続的なエネルギーを意味する
神経細胞のミトコンドリアの数を増やします。
それは精神的疲労が少なく、
より良い化学バランスであることを意味します。
また、断食は、心血管疾患、ガン、
糖尿病のリスクを減らす効果的な方法です。

断食を延長した後の脳の働きを表すもう一つの方法は、
「サバイバルモード」です。
これは、DNAを修復する神経細胞の
エピジェネティック能力を活性化します。
この「サバイバルモード」は免疫システムを再起動して、
しばしば自己免疫疾患を止めます。
また、免疫システムをガンや
他の異常な細胞活動を捜し続けるようにさせます。
長期間の断食は、幹細胞を休眠状態から
自己再生状態にシフトさせます。
これは、幹細胞を基盤とした臓器や器官の再生を引き起こします。
これは、断食が古くて傷ついた免疫細胞を全滅させ、
体が回復すると、幹細胞を使って新しい、
完全に健康な免疫細胞を作るということです。

あなたが飢えていると、システムは
エネルギーを節約するようにします。
エネルギーを節約するためにできることの一つは、
古い、または傷ついた免疫細胞をリサイクルすることです。
白血球数は、断食を延長すると
低下することに私たちは気づきました。
その後、白血球が戻ってくると、
彼らは想定どおりにより強く働きます。
Basic Fasting Methods基本の断食法 断食する前に、
どの健康的な習慣も、
他の健康的な習慣と組み合わせた時に
最高に働くということを、覚えておいてください。
断食を始めてもOKですが、
断食それ自体が全てではありません。

ギブソン医師の必須プロトコルは、
あなたの健康の基礎への最高のガイドです。

方法1)5:2断食
5:2断食は、1週間に2度の断食の日に、
たくさんの水を摂取する代わりに、
いつものカロリーの5分の1をカットする
(男性なら約600カロリー、女性なら約500カロリー)方法です。
残りの5日間は、普通に食べて大丈夫です。

方法2)断続的な断食
断続的な断食は、午前11時〜午後7時の間だけ
食べることができます。簡単です。

方法3)長期、または延長断食
自己免疫疾患、神経変性疾患、
ガン、他の慢性または治癒が困難な状態のような、
特別な環境におすすめです。
これは少なくても3〜4日間完璧に食べ物を禁じます。
この期間は、たくさんの水や
下記の生姜/ウコン/シトラスドリンクを飲むといいでしょう。

生姜/ウコン/シトラスドリンクの作り方
①新鮮な生姜をすります。
②ウコン(ターメリック)
③いくつかのレモンやライムまたはグレープフルーツを絞って
新鮮なジュースを作ります。
④全ての材料を温かい水に入れてミキサーにかけます。
このドリンクを最低でも1日3回飲みましょう。

3〜4日の延長断食は、
必要な時は何度も繰り返します。
例えば、自己免疫疾患の治療では、
最初の試みでは部分的にしか結果が出ません。
食生活と生活習慣が改善し、
「ネオセルプラス」のようなサプリメントも
働く時間が与えられると、
断食の第2ラウンドは、
問題の完全な解決が起こる可能性があります。
患者が健康的な習慣にゆっくりと変わっていると、
この断食は最高の結果が出るまで
毎月繰り返すことができるでしょう。

より深刻で治り難い状態では、
最初の3〜4日の後は、
食事の代わりに新鮮な野菜ジュースかスムージーにして、
断食を続けるのもいいでしょう。
この断食の2回目の後半は、数日間、
もしくは必要なら何週間でも続けてもいいでしょう。
私は、自分の患者に長期間の断食を注意深く指示します。
他の問題が出てくる可能性があるので、
不必要に断食を長く行いたくないのです。

要するに、あなたの体が必要とする以上に食べることは、
病気と細胞の機能不全を引き起こします。
断食は、細胞の活動を修復しリセットするのを刺激する
すばらしいツールです。
これはすべて、より幸せでより健康になることを意味します。





サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ

メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-5915-0345
メールpost@questgrp.jp